利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、デザインエッグ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営するインターネット上のウェブサイト「http://enpitsu-press.com 」(以下「本サイト」といいます。)を通して提供する、原稿の作成、書籍の出版等のサービス「えんぴつプレス」(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。
ご利用の皆様(以下「ユーザー」といいます。)が、本サービスをご利用する場合は、本規約をお読みの上、ご同意いただく必要があります。

第1条 (定義)

本規約における用語の定義は、次のとおりとします。

  • ①小説等
    ビジネス書、伝記(自伝を含む。)小説、エッセイ、随筆、自分史、論考等名称のいかんを問わず、本サービスの対象となる日本語による文書。
  • ②写真集等
    写真、漫画、イラスト等の小説等以外のコンテンツ。
  • ③執筆代行業務
    当社又は当社と提携するブックライターが、ユーザーのご要望を考慮し、小説等を作成する業務。
  • ④出版準備業務
    内容の推敲(誤字脱字の訂正を含む。)が終了している小説等及び写真集等について、①フォントの大きさや種類の決定、扉・目次・ノンブル(頁)・柱(本の上部や下部についている見出しタイトル)の決定、②DTP(Desktop publishing)用に最適化したデータに変換(以下「データ変換作業」といいます。)、③ブックカバーの決定、④タイトル、章立てのアドバイス(本文については含まず。)、電子書籍及び紙媒体として出版可能とする体裁を整える業務。
  • ⑤ISBN取得等業務
    出版社名をデザインエッグ社とするISBN(International Standard Book Number、国際標準図書番号)の取得及びアマゾンジャパン合同会社が運営する「Amazon.co.jp」へ登録する書籍の最適化業務。
  • ⑥本件各業務
    本条第3号ないし5号までの業務
  • ⑦ダイヤモンドプラン契約
    本条第3号ないし5号までの業務を内容とする契約
  • ⑧プレミアムプラン契約
    本条第4号ないし5号までの業務を内容とする契約
  • ⑨スタンダードプラン契約
    本条第5号の業務を内容とする契約
  • ⑩各プラン契約
    ダイヤモンドプラン契約、プレミアムプラン契約、スタンダードプラン契約の3つのプラン。
  • ⑪完成データ原稿
    データ変換作業が終了した原稿。
  • ⑫CW
    ChatWork株式会社が提供するチャットツール「チャットワーク」
  • ⑬ZOOM
    米国のZoom Video Communications, Inc.が提供するWEB会議ツール「ZOOM」

第2条 (本利用規約の適用)

  • 1 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務を定めることを目的とし、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
  • 2 本規約の内容と、本規約外における本サービスの説明等が異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第3条 (規約への同意)

  • 1 ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなします。
  • 2 本サービスを利用してアクセスする外部リンク先では、リンク先の利用規約が適用されます。
  • 3 ユーザーが未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得た上で本サービスを利用してください。また、本規約に同意した時点で未成年者であったユーザーが、成年に達した後に本サービスを利用した場合、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。

第4条 (契約の申込み)

  • 1 ユーザーは、当社に対し、本サイトの申込みフォームへの入力その他当社が相当と認める方法により、下記に定める事項を通知した上で、各プラン契約の申込みをするものとします。
    ① 各プラン契約の申込みに共通して必要となる事項

    ユーザーの氏名、住所、電話番号、メールアドレス、CWID

    ② ダイヤモンドプラン契約の申込みに必要となる事項

    800文字以上のプロット(あらすじ)

    ③ プレミアムプラン契約の申込みに必要となる事項

    原稿のデジタルデータ(txtファイルその他当社が相当と認める方式)

    ④ スタンダードプラン契約の申込みに必要となる事項

    MyISBNのフォーマットに最適化された本文及び表紙のPDFファイル

    ⑤ その他当社が求める事項
  • 2 当社は、前項の申込みを承諾しないことができ、ユーザーは、これに対して異議を述べないものとします。この場合において、当社は、ユーザーに対し、書面、電子メール、ファックスその他当社が定める方法により、本件注文の不承諾の通知をします。
  • 3 当社が、ユーザーからの各プラン契約の申込みを承諾しなかった場合において、当社は、承諾しなかった理由を一切開示しないものとします。

第5条 (契約の申込みにあたっての注意事項)

ユーザーは、各プラン契約の申込みに際し、下記の事項に同意し、かつ遵守することを保証するものとします。

  • ① CWを使用した打合せが可能であること。
  • ② ダイヤモンドプラン契約にあっては、ZOOMを利用した打合わせが可能であること。
  • ③ プレミアムプラン契約及びスタンダードプラン契約の申込みに際して、当社が、ユーザーから提供を受ける小説等及び写真集等が、第三者の著作権を侵害していないこと。また、ダイヤモンドプラン契約の申込みに際して、執筆代行業務の成果物となる小説等が、第三者のアイディア・ノウハウ等を参考にした(依拠した)ものではないこと。
  • ④ ダイヤモンドプラン契約の申込みに際しては、小説等という性格上、成果物についての品質の保証をしかねることに同意すること。
  • ⑤ 小説等及び写真集等について、第三者のプライバシー権・肖像権・パブリシティ権を侵害しておらず、又は公序良俗に反する内容のものではないこと。
  • ⑥ アマゾンジャパン合同会社が定めるKDP利用規約に同意した上で、ユーザー自ら、Amazonでの販売等の手続きをすること。

第6条 (契約の成立)

ユーザーは、各プラン契約の申込みに際し、下記の事項に同意し、かつ遵守することを保証するものとします。

  • 1 各プラン契約についての契約は、当社が、ユーザーに対し、書面(メール、CWを含む。)による承諾の意思表示をした時点で成立するものとします。
  • 2 当社は、前項の承諾の意思表示に併せて、ユーザーに対し、費用、費用の支払方法、納期その他必要となる事項を通知するものとします。

第7条 (費用の支払い)

ユーザーは、各プラン契約についての契約の対価を、当社が指定する期限までに、当社の指定する方法で支払うものとします。なお、当社は、対価の支払があった後に各プラン契約の義務を履行するものとします。

第8条 (打合せ)

  • 1 ユーザーは、当社が本件各業務を履行するにあたって、CW(ダイヤモンドプラン契約にあっては、ZOOMを利用しての打合せを含む。)を利用して打合せをするものとします。
  • 2 ユーザーが、電話、ファックス、電子メール等のCW以外の連絡方法による打合せを希望する場合には、別途、当社が定める費用が発生することに同意するものとします。
  • 3 ダイヤモンドプラン契約の場合における甲又は甲の指定するライターとユーザーとの打合せ回数、頻度、期間については、別に定めのない限り、下記のとおりとします。
    ① CW

    回 数    無制限
    (当社は、当社の1営業日以内に返信をするものとすします。)
    期 間    契約成立から3ヶ月まで

    ② ZOOM

    回 数    3回まで
    頻 度    月に1回
    期 間    契約成立から3ヶ月まで

第9条 (資料の提供)

  • 1 ユーザーは、当社が本件各業務を履行するに際し、当社が指定した資料その他のデータ(以下「本件資料」という)を提供するものとします。この場合において、ユーザーは、当社が、本件資料を当社が指定する第三者に提供することに異議なく同意します。
  • 2 当社が受領した本件資料は、当社が、ユーザーに対し、預り証を交付した場合に限り、返還します。
  • 3 当社及び当社が指定する第三者は、前項の本件資料を、善良な管理者の注意をもって扱い、紛失・盗難・漏洩を防止するものとします。また、契約が終了した場合には、当社の責任で、破棄するものとします。

第10条 (執筆代行業務)

  • 1 ユーザーは、当社に対し、当社の指定する本件資料を交付するものとします。
  • 2 当社は、ユーザーから、当社の指定する本件資料をすべて受領したときから、執筆代行業務に着手するものとします。
  • 3 当社は、ユーザーのご希望に応じるべく、最大限の努力をしますが、下記に定める事項以外については、小説等という性格上、ユーザーが満足する内容になることの保証はしません。

    ① 最低文字数
    ② 当社とユーザーとの間で、別途、CWで合意をした構成やプロット

    以 上

  • 4 ユーザーと当社又は当社の指定する第三者との間の執筆代行業務に関する打合せについては、CWを利用するものとします。
  • ア 当社は、ユーザーに対し、別途合意した期限までに、CW上にアップロードする等当社が指定する方法で、執筆代行業務の成果物を納入するものとします。
    イ 当社は、本件成果物の納入が納期に間に合わないこと又はそのおそれが判明した場合、直ちにその旨を甲に通知した上で、1回に限り、納期を1か月延長できるものとします。
  • ア ユーザーは、本件成果物の納入後7日以内に、本件成果物に瑕疵(数量不足、仕様不足、品質基準未満及び関連文書の不具合等を含み、以下同じ)がないか検査を行うものとします。 イ ユーザーは、前アの検査により本件成果物の瑕疵を発見した場合、当社に対しその旨を通知するものとします。当社は、当該通知を受領後、ユーザーと協議の上で定める新たな納期までに必要な修正を行い、再度、本件成果物をユーザーに納入するものとします。以降、ユーザーによる検査の結果が合格となるまで同様の対応を行う。 ウ 当社は、本件成果物に瑕疵がない場合であっても、別途合意する回数、期間内に限り、無償で成果物の修正をするものとします。 エ ユーザーは、前アイによる検査において本件成果物を合格と認め、かつ前ウに定める無償での修正が完了した場合、当社に対し合格の旨を通知するものとします。ユーザーは、合格通知後は、成果物に関して、一切の加筆訂正(誤字脱字の修正を含む。)ができないものとします。

第11条 (出版準備業務)

  • 1 当社は、ユーザーから提供を受けた内容の推敲(誤字脱字の訂正を含む。)が終了している小説等及び写真集等について、①フォントの大きさや種類の決定、扉・目次・ノンブル(頁)・柱(本の上部や下部についている見出しタイトル)の決定、②DTP(Desktop publishing)用に最適化したデータに変換(以下「データ変換作業」といいます。)、③ブックカバーの決定、④タイトル、章立てのアドバイス(本文については含まず。)、⑤Amazon著者ページのアドバイスをして電子書籍としての体裁を整えるものとします。
  • 2 ユーザーと当社又は当社の指定する第三者との間の出版準備業務に関する打合せについては、CWを利用するものとします。
  • 3 当社は、ユーザーに対し、別途合意した期限までに、CW上にアップロードする等当社が指定する方法で、出版準備業務の成果物を納入するものとします。
  • ア ユーザーは、本件成果物の納入後3日以内に、本件成果物に瑕疵(数量不足、仕様不足、品質基準未満及び関連文書の不具合等を含み、以下同じ)がないか検査を行うものとします。 イ ユーザーは、前アの検査により本件成果物の瑕疵を発見した場合、当社に対しその旨を通知するものとします。当社は、当該通知を受領後、ユーザーと協議の上で定める新たな納期までに必要な修正を行い、再度、本件成果物をユーザーに納入するものとします。以降、ユーザーによる検査の結果が合格となるまで同様の対応を行う。 ウ ユーザーは、前アイによる検査において本件成果物を合格と認めた場合、当社に対し合格の旨を通知するものとします。

第12条 (ISBN取得等業務)

  • 1 当社は、ユーザーから完成データ原稿の提供を受けた場合、すみやかに、ISBNの取得手続及び、Amazon.co.jpへ登録する書籍の最適化業務をします。
  • 2 ユーザーは、完成データ原稿について、次の各号に定める場合には、ISBNの登録ができない場合があることに同意するものとします。 ① 宣伝・広告物など短期的に利用される印刷物、 ② 楽譜印刷物(純然たる楽譜のみの印刷物)、 ③ 頒布期間の短い印刷物等 ④ その他一般社団法人日本出版インフラセンターが定めた場合
  • 3 ユーザーは、予め、アマゾンジャパン合同会社が定めるKDP利用規約利用規約に同意するものとします。

第13条 (禁止行為)

当社は、ユーザーが本サービスの利用に関して、次の各号に定める行為を行うことを禁止します。ユーザーがこれらの行為を行い、当社に損害が発生した場合、ユーザーは、当社に対して、一切の損害額を賠償しなければなりません。

  • ① ユーザー情報の不正使用、不正アクセス、なりすまし等、虚偽の情報での申込み行為
  • ② 本サービスを利用した違法行為
  • ③ 本サイト、本サービスに損害を与える目的の行為
  • ④ 本サービスの成果物について転売等自己使用を目的としない行為
  • ⑤ 当社もしくは第三者の著作権、意匠権,肖像権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
  • ⑥ 本サービスにて配信されている画像等の情報を、当該著作者 (創作者) の同意なしに転載する行為。
  • ⑦ 当社もしくは第三者を不当に差別や誹謗中傷、或いは第三者への不当な差別を助長し、その名誉もしくは信用を毀損する行為。
  • ⑧ 当社が別途規定した作品ガイドラインに従わない作品について本サービスを利用しようとする場合。
  • ⑨ 日本語以外文書又は日本語の文書であっても可読性が低い文書の出版を目的とする場合
  • ⑩ その他、当社が不適切と判断する行為。

第14条 (著作権の帰属)

  • 1 当社は、執筆代行業務の成果物に関する著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。)を、第12条に定めるISBN取得等業務の完了のときに 、ユーザーに譲渡します。
  • 2 当社は、ユーザーに対して前項の成果物に関する著作者人格権を行使せず、また、当社の使用人もしくは再委託先をして行使させないものとします。

第15条 (知的財産権等の非侵害保証)

  • 1 ダイヤモンドプラン契約及びプレミアムプラン契約のユーザーは、提供した本件資料等が、スタンダードプラン契約のユーザーは提供した完全データ原稿が、第三者の特許権、実用新案権、著作権その他の知的財産権(知的財産基本法第2条2項に定められた権利をいう。)、第三者のプライバシー権(肖像権・パブリシティ権を含む。)を侵害せず、また公序良俗に反する内容ではないことを保証するものとします。
  • 2 第三者から前項の権利侵害の主張がなされた場合には、ユーザーは当社にその旨を通知のうえ、自己の責任と費用をもってこれらを処理、解決し、当社に一切迷惑をかけないものとする。
  • 3 成果物が第三者の権利を侵害したことにより、当社が損害を被った場合には、ユーザーは当社に対して当該損害のすべて(合理的な当社の弁護士費用を含む。)を賠償するものとします。ただし、当該権利侵害が当社の指示等に起因する等、ユーザーの責に帰すべき事由によるものではない場合は当社とユーザーとで協議のうえ、対応を決定するものとする。

第16条 (使用許諾)

  • 1 ユーザーは、各プラン契約の成果物について、本サービスの円滑な提供を行うために必要な範囲内で、当社に対し、無償で、非独占的に使用を許諾するものとします。
  • 2 当社が前項により成果物を使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとします。

第17条 (他社での出版)

ユーザーは、各プラン契約による成果物を利用して、当社以外の第三者との間で紙媒体として小説等及び写真集等の出版をする場合には、事前に、当社と協議するものとします。

第18条 (契約の解除)

  • 1 当社は、ユーザーが次の各号いずれかに該当する場合、ユーザーに対し通知することにより契約を解除できるものとします。 ① 第5条(契約の申込みにあたっての注意事項)、第13条(禁止行為)等本規約に違反した場合 ② ダイヤモンドプラン契約において、合理的な理由なく、5日以上連絡がとれなくなった等ユーザーの都合で成果物の完成が不可能または困難になったと甲が判断した場合 ③ 第4条により提供した情報が真実でない場合 ④ 当社の事前の同意なくユーザー本人以外の者が利用する場合 ⑤ 本人が契約の履行が不可能な状態となった場合 ⑥ その他当社が不適切と判断した場合
  • 2 前項により契約が解除された場合、ユーザーは、直ちに、未払いの債務を一括で支払うものとします。
  • 3 当社は、本条1項の契約解除に起因して、ユーザーが被った損害に関し一切の責任を負いません。
  • 4 当社は、第1項2号の規定により契約を解除した場合において、当社の処理の程度に応じて、ユーザーから受領した金額を返金することができる。なお、着手とは、契約成立後、甲または甲の指定する第三者が、成果物の完成に向けて打合せ、原稿案の作成作業等を始めたときをいう。 ① 未着手        受領した金員の90パーセントを返金 ② 着手後3日以内    受領した金員の50パーセントを返金 ③ 着手後4日以降    返金なし

第19条 (サービスの終了)

  • 1 当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、やむを得ない場合を除き、当社はユーザーに事前に通知するものとします。
  • 2 前項に基づき本サービスが終了した場合においても、本規約の定めは、個別の各プラン契約に対応する契約の有効期間中、その効力を有するものとします。
  • 3 本サービスの終了による直接または間接に生じたお客様または第三者の損失や損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第20条 (反社会的勢力の排除)

  • 1 ユーザーは、当社に対して、自らが、以下の各号に定める者(以下「反社会的勢力」という。)に該当していないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し保証するものとします。 ① 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年五月十五日法律第七十七号。その後の改正を含む。)第2条において定義される。) ② 暴力団の構成員(準構成員を含む。以下、同じ。)、もしくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者。 ③ 暴力団関係企業または本項各号に定める者が出資者もしくは業務執行について重要な地位にある団体もしくはこれらの団体の構成員。 ④ 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団またはこれらの団体の構成員。 ⑤ 暴力団または暴力団の構成員と密接な関係を有する者。前各号に準ずる者
  • 2 ユーザーは、当社に対して、自らまたは第三者をして以下の各号のいずれかに該当する行為および該当するおそれのある行為を行わないことを誓約するものとします。 ① 暴力的な要求行為。 ② 法的な責任を超えた不当な要求行為。 ③ 取引に関して、脅迫的な言動を行い、または暴力を用いる行為。 ④ 風説を流布し、偽計または威力を用いて、相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為。 ⑤ 反社会的勢力が役職員等となり、または前項各号に該当する行為。 ⑥ 前各号に準ずる行為。
  • 3 当社は、ユーザーが、本条第1項に規定する表明および保証事項が虚偽もしくは不正確となる事由が判明もしくは発生し、もしくは発生すると合理的に見込まれる場合、または本条第2項に規定する誓約に違反する事由が判明もしくは発生した場合には、通知、催告その他の手続きを要することなく、各プラン契約についての契約の全部又は一部を解除し、あるいは本サービスの中断、、サービス内容の変更、本サービス廃止をすることができます。この場合において、ユーザーは、当該解除により生じた損害の賠償を請求することができないものとします。

第21条 (免責)

  • 1 当社は、次の各号に定める理由により、ユーザーが被ったいかなる損害に対しても、一切の責任を負いません。この場合においても、ユーザーの支払債務は免除されません。 ① 当社の故意又は重過失によらない本件各業務の債務不履行 ② 当社の故意又は重過失によらない本サイトの休止等 ③ 当社の故意又は重過失によらないCW、電子メールの不着等が発生した場合による手続漏れ
  • 2 当社が、各プラン契約に対応する契約に関し、故意または過失によりお客様に損害を与えたときには、それによりお客様が被った損害(直接かつ現実に被った通常の損害に限る。)を賠償するものとします。ただし、当該損害賠償の額は、故意または重大な過失によって損害を与えた場合を除き、請求原因のいかんを問わず、各プラン契約に対応する費用の額を上限とします。

第22条 (契約上の地位の譲渡等)

ユーザーは、本規約又は各プラン契約についての契約から生じる権利又は義務を当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡又は担保の目的に供してはならないものとします。

第23条 (個人情報の取扱い)

当社の収集した個人情報は当社が別途定めるプライバシーポリシーに基づき取扱いをおこないます。

第24条 (準拠法)

本規約及び本規約に基づく契約は日本法に準じて解釈されるものとします。

第25条 (協議・管轄裁判所)

  • 1 本サービスに関して当社とユーザーとの間で疑義、問題が生じた場合、都度、誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
  • 2 前項の協議によっても疑義、問題が解決しない場合、大阪簡易裁判所または大阪地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第26条 (通知)

  • 1 本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社からユーザーに対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。
  • 2 前項の通知は、当社が前項の通知を当サイト上での掲示、電子メールの送信又は文書の送付により行った場合は、当社が当サイト上に掲示した時点,電子メールを送信した時点又は文書を送付した時点からその効力を生じるものとします。

第27条 (規約の変更)

  • 1 当社は、当社の判断において、あらかじめユーザーに通知することなく、いつでも本規約の内容を変更または追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、前条に従い、本サイトに掲示するものとします。
  • 2 前項に基づく本規約の改訂後にユーザーが本サービスを利用した場合、ユーザーは改定後の利用規約に同意したものとみなします。

以 上

 (平成30年12月1日制定)